5月21日の金環日食

既にご存知の方も多いと思われますが,2012年5月21日(月)の早朝に,金環日食と呼ばれる現象が起こりますSmile.日食が見える地域(日食帯)はたいへん狭く(*1),日本の都市部を含むことは非常に稀です(前回は1080年).また今回は大阪では金環日食となりますが,京都では金環になるかならないかの境界付近になるなど,地域によって欠け具合が異ります.今回は日本であれば,金環日食にならない地域でも部分日食は観察できます.
あまり意識されませんが,日食はリアルタイムに進行する自然現象です.日食の過程は,部分日食から始まり,徐々に欠け具合が大きくなってゆき, (今回の場合は)金環日食となり,再び部分日食を経て,元の太陽の姿に戻り終了します.部分日食の時間はやや長いのですが,肝心の金環日食となる時間は,数分以下しかありません.そのため観察にはそれなりの事前の準備が必要ですFrown
また,月が太陽面の大部分を隠すとはいえ,太陽の光はたいへん強いため,リング状の太陽像であっても,肉眼で直接観察すると網膜の炎症などで失明のおそれがあります.事前に安全な観察方法を知っておくことが必要です.様々な直接あるいは間接的な観察方法があります(*2).肉眼で観察する場合は,いわゆる太陽メガネを使用します(各波長帯での減光率が明示されたものが安心です).間接的な方法は,多人数で観察する場合に有用です.カメラで撮影する場合は1/100000程度に減光するNDフィルタが必要になります.いわゆるコンパクトデジカメでもある程度は撮影できますが,一眼レフ+望遠レンズの使用がお勧めですLaughing

                                                                                           (松本桂)

*1 http://naojcamp.mtk.nao.ac.jp/phenomena/20120521/about.html
*2 http://naojcamp.mtk.nao.ac.jp/phenomena/20120521/obs.html


Loading

  • お問い合せ
  • RSS
  • 検索ページ
  • 安全教育
  • 教育・研究
  • 附属学校園
  • 著作権について
  • リンク