他の科目などの教材検索はこちらから行なってください。


キーワード

担当者
安積典子
問い合わせ先
asaka@cc.osaka-kyoiku.ac.jp
コメント
領域
応用科学(ものづくり、暮らし、あそび、エネルギー、環境、防災など)
教材の形式
動画、画像, 実験・実習, トピックス、発展的学習
研修、講座、授業
科学クラブなど(小中高)
教科、科目

ペットボトルロケットの作り方

               

教材製作者 堀田亮介

大阪教育大学大学院 教育学研究科 技術教育専攻  (2012年2月)


 こちらのpdfファイルもご利用下さい(315KB)





ペットボトルロケットを飛ばすときに必要なもの
必要な材料 数量
ふんしゃ口
はっしゃ口
はっしゃ台
空気入れ(自転車用)
水(1回当たり250ml程度)

ペットボトル本体の製作に必要なもの
必要な材料 数量

炭酸飲料用500mlペットボトル

(くびれの無い丸いもの)

クッションシート

(半径12cmの半円)
牛乳パック(1000ml)
ペットボトルのふた
釣り用おもり7号)
釣り糸約12cm)
ペットボトル工作用接着剤

ふんしゃ口やはっしゃ台などは「日本ペットボトルクラフト協会」のウェブサイトから購入することができます。

「日本ペットボトルクラフト協会」   http://www.pcaj-i.jp/

 

下記のウェブサイト内に,はっしゃ台の製作方法の一例が紹介されています。

                   「wingのオ・モ・シ・ロなんでも実験室」

http://www.geocities.co.jp/Berkeley/9446/index.html

 

 

 

図 ペットボトルロケットの分解図と各部の名称

 

 

作り方

1.ペットボトルを「あたま」の部分と「スカート」に分ける。

 〈ポイント〉カッターナイフで大まかに切り、はさみできれいに仕上げる。

2.「ほんたい」に「スカート」と「あたま」を接着剤でつける。

  〈ポイント〉接着する部分に,5㎜ほどの切り込みを数箇所入れる。

        接着剤は「ほんたい」に塗らず、「あたま」や「スカート」に塗る。

        取り付けるとき,指でしっかりと押さえる。

 

3.牛乳パックで「はね」を作る。

  ①牛乳パックに切り取り線を書き,切り取り線どおりにはさみで切る。

  ②長い部分を切りはなす。

  ③長い部分の下側から約1cm牛乳パックを外側に折り返し,のりしろを作る。

  ④接着剤を間に塗る。

    ↑これを4つ作る。

4.「ほんたい」に「はね」をつける。

〈ポイント〉「はね」ののりしろの部分と「ほんたい」の両方に接着剤を塗る。

4枚の「はね」を,上下左右バランスよく取り付ける。

 

5.「あたま」の部分に「おもり」をつける。

   ①「おもり」の穴に「つり糸」を通す。

   ②「おもり」を中に入れたまま「ペットボトルのふた」を閉める。

 

6.「かさ」を作る。

   ①半円の「クッションシート」を丸めて,△(円すい)の形を作る。

   ②重なった部分に接着剤をぬる。

  

7.「かさ」を「ほんたい」につける。

  〈ポイント〉「かさ」のふちの内側部分に接着剤をぬる。

 

  

 これで完成です。

 

飛ばし方

※詳細は「日本ペットボトルクラフト協会」ウェブサイト(http://www.pcaj-i.jp/をご覧下さい。

 

  

〔約束〕

・人に向けて飛ばさない。

・大人の人と一緒に飛ばす。

・障害物のない広い場所で飛ばす。

 

主な手順

①ほんたいのペットボトルに,水を半分ぐらい入れる。

②ほんたいにふんしゃぐちを取り付ける。

③はっしゃ台を準備する。

④はっしゃ台にペットボトルロケットをセットする。

④空気入れをはっしゃ口にセットし,10~15回くらい空気を入れる。

⑤飛ばす方向に人がいないか,障害物がないかをよく確認し,何もなければ発射する。

作ったペットボトルを飛ばす映像はこちら↓