他の科目などの教材検索はこちらから行なってください。


キーワード

担当者
神鳥和彦
問い合わせ先
kandori@cc.osaka-kyoiku.ac.jp
コメント
化学分野プログラム 理科教育講座
領域
基礎科学(教科の基礎、発展的学習)
教材の形式
動画、画像, 実験・実習
研修、講座、授業
学校授業(小中高)
教科、科目

【小専理科化学分野】「空気と水の性質」②空気砲

【対  象】 小学校第4学年

【学習指導要領】 小学校4年理科 A物質・エネルギー(1)空気と水の性質

【器具、用具、、薬品、材料】 空気砲、ロウソク立て、ロウソク

【内容の説明】 この項目で用いるのは段ボール製の空気砲である。これらは、我々教員で手作り出来、様々な容器の大きさと出口の大きさ・形を持つもので作成できる。空気砲で顔に空気を当て急激にたくさんの空気が飛び出している様子や、ロウソク立てに立てたロウソクの火を空気砲で吹き消したりする。このような体験から、目には見えなくても、空気は確かに存在することを学ぶ。 

【ポイント】
☆本実験を取り扱う際、安全面において教師が気をつけなければならないことはなにか
☆身近にあるもののなかで、実験の原理(膨張・圧縮・状態変化)を利用したものには何があるか
☆実際、小学校の現場では器具が十分に揃っていないことが考えられるが、実験の代替物としてどんなものが考えられるか