他の科目などの教材検索はこちらから行なってください。


キーワード

担当者
神鳥和彦
問い合わせ先
kandori@cc.osaka-kyoiku.ac.jp
コメント
化学分野プログラム 理科教育講座
領域
基礎科学(教科の基礎、発展的学習)
教材の形式
動画、画像, 実験・実習
研修、講座、授業
学校授業(小中高)
教科、科目

【小専理科化学分野】「物の溶け方」②ものが水に溶ける量

【対  象】 小学校第5学年

【学習指導要領】 小学校5年理科 A 物質・エネルギー (1)物の溶け方

【器具、用具、、薬品、材料】 メスシリンダー、食塩(2班に1個)、みょうばん(2班に1個)、計量スプーン
ミョウバン水溶液用の廃液ポリタンク、ポリスマン(2本)、ビーカー(300mlと100ml各1個)、スポイト

【内容の説明】 
ものが水に溶ける量には限界があるのか、またその限界は水の量を変えずに変えることが出来るのかを調べた。水50mLと100mL をメスシリンダーで正確に測り、100mLと300mLのビーカーにそれぞれ入れる。この水に、食塩とミョウバンを計量スプーンですり切り何杯溶けるかを実験した。時間の都合上、偶数班を食塩、奇数班をみょうばんの担当としてデータを集めた。まず、室温ではミョウバンよりも食塩が溶けやすいこと、水の量が増えると溶解する量が増加するという結果を得た。この際、メスシリンダーならびにスポイトの使い方について、基本的な操作法を指導した。また、メスシリンダーは倒れると大変割れやすいので、使わない時は横倒しにしておく等の注意点についても触れた。さらに、液温をガスコンロで温め、約60℃にして同様の実験をした。ミョウバンは大変溶解度が増えるのに対して、食塩ではほとんど増えないことも確かめてもらった。

【ポイント】
☆本実験を取り扱う際、安全面において教師が気をつけなければならないことはなにか
☆身近にあるもののなかで、実験の原理(膨張・圧縮・状態変化)を利用したものには何があるか
☆実際、小学校の現場では器具が十分に揃っていないことが考えられるが、実験の代替物としてどんなものが考えられるか