他の科目などの教材検索はこちらから行なってください。


キーワード

担当者
越桐國雄
問い合わせ先
koshi@cc.osaka-kyoiku.ac.jp
コメント
物理分野プログラム 理科教育講座
領域
基礎科学(教科の基礎、発展的学習)
教材の形式
動画、画像, 実験・実習
研修、講座、授業
学校授業(小中高)
教科、科目

【小専理科物理分野】「電気の働き」ものづくり

【対 象】 小学校第4学年

【学習指導要領】 小学校4年理科 A 物質・エネルギー(3)電気の働き

【目的・ねらい】

 乾電池の直列つなぎと並列つなぎを調べた後,これを利用してモータで動く車を作成する。またその速度をはかって時速に換算することで,単位や数量の取扱いについて習熟する。

【原理の説明】 

 電池の直列回路では2つ電池の組の両端の電圧が1つの場合の2倍となる。電池の内部抵抗を無視すれば,このため電流の大きさも2倍になり,モータや豆電球に与えるエネルギーも大きくなる。一方2つの電池を並列回路でつないだ場合,その両端の電圧は1つの場合とかわらないため,電流の大きさやモータや豆電球が浮けとるエネルギーも1つの場合と変わらない。

【材料・器具】

 段ボール台車,単3乾電池×2,単3乾電池ソケット×2,クリップ付き導線×3,モータ,虫ゴム,両面テープ,マジックテープ,メジャー,ストップウォッチ

【実験手順】

(1) 段ボール台車が机の上をスムーズに走るかどうか確認する。
(2) 電池ボックスを両面テープでボール紙にはり付ける。
(3) モータの回転軸にゴム管(自転車の虫ゴム)を切って取り付ける。
(4) モータの底面にマジックテープを取り付ける。
(5) 段ボール紙のモータ取付予定地にマジックテープを取り付ける。
(6) モータの軸がペットボトルのキャップに接するように固定する。
(7) 電池ボックスを両面テープで段ボール紙に固定する。
(8) なるべくはやく走るように電池のつなぎ方を考えて,
  車の速度を計る(メジャーとストップウォッチを使う)。
 

【ポイント】

☆グループで相談しながら,速度が速くなるように工夫する。