他の科目などの教材検索はこちらから行なってください。


キーワード

担当者
越桐國雄
問い合わせ先
koshi@cc.osaka-kyoiku.ac.jp
コメント
物理分野プログラム 理科教育講座
領域
基礎科学(教科の基礎、発展的学習)
教材の形式
動画、画像, 実験・実習
研修、講座、授業
学校授業(小中高)
教科、科目

【小専理科物理分野】「磁石の性質」磁場の観察

【対 象】 小学校第3学年

【学習指導要領】 小学校3年理科 A 物質・エネルギー(3)磁石の性質

【目的・ねらい】

 磁石のまわりにできる磁場の様子を観察する。これは学習指導要領内にはない発展的な
 内容となるが,自然のもつ隠れた美しさを発見することができるテーマである。

【原理の説明】 

 磁石のまわりには磁場が生じている。磁場はそこに磁性体を置いたときに力を及ぼす
 空間のことである。磁場は直接目で見ることができないが,磁性体(ここでは砂鉄=酸化鉄)を
 まわりに置くことによって,その様子を観察することができる。

【材料・器具】

 アルニコ磁石(7-8cmの丸棒),A3トレーシングペーパー,フィルムケース,砂鉄,
 ガーゼ,輪ゴム,両面テープ,ハサミ,アクリル板,白厚紙

【実験手順】

(1) 砂鉄が飛び散らないようにするため机の上にA3トレーシングペーパーを敷く。
(2) 短い両面テープ(1cm)で磁石をアクリル板の下に固定する。
(3) トレーシングペーパーの上に磁石を下にしたアクリル板を置き,
  その上に白厚紙を乗せる。
(4) フィルムケースの蓋をあけて口をガーゼで覆い,輪ゴムでとめる。
(5) 白厚紙の上からフィルムケースの砂鉄を一様に薄く振りかける。
(6) 厚紙とアクリル板の距離を変えたり,厚紙を小刻みにたたいて
  模様を見つける。
(7) 砂鉄の模様(磁力線の様子)をワークシートの裏にスケッチする。
【ポイント】
☆磁気カード,コンピュータ,ケータイ・スマホなどを磁石に近づけないようにする。
☆砂鉄をこぼさないようにする。
☆砂鉄を一ヶ所にかためて振りかけすぎないようにする。
☆両面テープを長く貼りすぎないようにする。