八尾・柏原・藤井寺小学校初任教員研修「理科大好き教員を目指すかがく実験教室」

本年も以下の要領で開催いたします。受講予定の方は下記をご覧下さい。

(毎年同時期に開催しておりました大阪府の教員対象の一般研修(任意)は、
本年は都合により開催いたしません。申し訳ありませんが悪しからずご了承下さい。)

平成24年度「理科大好き教員を目指すかがく実験教室」開催要領

開催日時  平成23年8月6日(月),午前10時15分〜午後4時30分
場 所 
 大阪教育大学柏原キャンパス教員養成課程会議室C1-105(集合)
 大阪教育大学理科系研究室及び実験室(各実験)
実験内容  実験題目とその簡単な内容説明は下をご覧下さい。    
時程(予定)  10時00分  受付開始

 10時15分  開会 挨拶

 10時30分  講義開始(C1-105室)

 11時30分  講義終了 

 12時30分  集合 講師紹介ののち実験グル−プごとに移動

 12時45分  実験1開始

 14時15分  実験1終了 集合室へ移動 

 14時30分  集合 講師紹介ののち実験グル−プごとに移動

 14時45分  実験2開始

 16時15分  実験2終了 集合室へ移動 

 16時30分  アンケート記入ののち順次解散

  

実験には汚れてもかまわない、動きやすい服装で、タオルと筆記具を持参して参加してください。更衣スペースを用意いたしますのでご利用下さい。

 

テーマ一覧と簡単な説明

テキスト(pdf形式)を順次リンクします。テーマのタイトルをクリックして下さい。

テーマの選択法については教育委員会の案内を参照して下さい。

少人数テーマ(定員約5人)

1.「ものの温度を測ろう」
小学校理科では地面や空気、水などさまざまな「もの」の温度を測ります。温度計のしくみを理解して、「もの」に応じた正しい温度の測り方を習得します。
 
2.「光の謎」
青空と夕日・化学発光・三原色の謎と色覚問題と多方面の実験から,「色と光の謎」にせまり,光りの本質の理解を図り,簡単な万華鏡の作成まで行います。
 
3.「光の進み方を研究する」
鏡やレンズを使って光の進み方を調べます。テレビ石,3Dめがね,偏光板,光ファイバーなども用いて,光の反射・屈折・透過を考えます。
 
4.「低温の不思議」
-196度の世界をのぞいてみます。液体窒素の中にゴム風船やバナナなどを入れ,その変化を見ながら,空気の膨張,氷と水の変化と温度を実感します。
 
5.「ふくらむ水とちぢむ水」
水を押しても空気のようには縮みません。その水の体積変化について実験をしてみます。
 
6.「塩水の不思議・人工魚」
塩水中のジャガイモの浮き沈みを観察しながら、重さと密度を学びます。さらに、簡便な浮沈子を作り水と圧力についても知ります。
 
7.「電磁石を作ってみよう」                    
小学校の磁石の発展として電磁石を作製し,永久磁石を近づけたり極の向きを変えたりすることで引力や斥力の変化をクリップを使って観察します。
 
8.「電池の製作」
二種類の金属板を食塩水にいれると電池になることを確かめた後、フィルムケースを用いてマンガン乾電池を作り,電池の原理を理解します。
 
9.「竹ひご電球の製作」
乾留した竹ひごをフィラメントとした電球をつくり光らせて,炭素の電気伝導性を体験します。
 
10.「鏡作り」
銀イオンとブドウ糖による化学反応(酸化還元)を利用して,単に銀鏡反応を見るだけでなく,教材にも利用できる平面鏡,凸面鏡,凹面鏡鏡を作ります。
 
11.「指の模型づくり」
指の型を取り、プラスチックやクレヨンの原料を使って色のついた指をつくります。
 
12.「花火の色を再現しよう」
花火はさまざまな色の光を発する興味深い燃焼現象です。この花火の発光を身近な照明器具と対比しながら実験するテーマです。
 
13.「消化ってなんだろう」
「消化」を目の前で見て、消化の不思議さを知ってもらうと同時にその理解を深めることを目的とします。
 
14.「タマネギを使った草木染め入門」
タマネギの皮で、媒染剤の違いを利用して一枚のハンカチを黄色と茶色にきれいに染め分けて、美しい模様を作ります。
 
15. 「でんぷんを取り出そう」
ジャガイモをすり下ろし、しぼり汁を水でさらしてでんぷんを取り出し,取り出した粉がでんぷんであることを確かめるために、市販のでんぷんと、取り出した粉の性質を比較します。
 
16.「葉脈標本の製作-オリジナルしおりを作ろう」
植物の葉の葉肉を落とし葉脈の網目だけを残します。乾かして色つけをして,オリジナルのしおりを作ることで,葉の様子を知ります。
 
17.「花の構造観察と標本づくり」
小学校で取り扱う植物の構造を知るために様々な花の構造観察をします。最近開発された簡易標本作製キットをつかって花の標本も作ってみます。
 
18.「ビー玉顕微鏡を作ろう」
ビー玉を使って単式顕微鏡を作ってみましょう。デジカメなどで顕微鏡写真を撮ってみましょう。
 
19.「雲や雪を作る」
水蒸気、水、氷に変化する「水」の相変化を、雲粒や雪結晶の発生成長実験を通して理解を深めます。
 
20. 「宝石探し」
大阪では最も利用しやすい二上山麓の砂の中から,サファイア,ザクロ石などの宝石を採集しながら,鉱物とその肉眼鑑定の仕方について学習します。 

 

大人数テーマ(定員20人)

A  「これで電気に強くなる」(物理分野)
小学校3年の電気の単元で利用する通電チェッカーやLEDを使って電流の向きを調べるツールを作ります。
 
B  「化学実験に慣れよう」(化学分野)
小学校理科の化学分野の実験の中から、操作や指導が難しいと思われる実験を取り上げて実習します。要領やコツを掴んで、授業でも楽しく指導できることを目指します。
 
C  「顕微鏡を正しく使おう」(生物分野)
    小学校5年であつかう顕微鏡について、正しい操作法を実習し、さまざまな生物試料を観察します。
 
D  「天体観察を楽しもう」(地学分野)
花や星を眺めるのが嫌いな人はいないでしょう。天体観察の初歩として、プラネタリウムソフトの操作法、星座早見の作成、そして小型望遠鏡の取り扱いなどを紹介します。

 


Loading

  • お問い合せ
  • RSS
  • 検索ページ
  • 安全教育
  • 教育・研究
  • 附属学校園
  • 著作権について
  • リンク